TOP
さすがは麻布十番。お立ち台のお姉ちゃんのような人がビールの売り込みに専念。 岐阜県河合村のコーナー。この踊りはいったいなに? 五平餅が売っている。大変に美味しかった。一本250円。後ろは雪でできたすべり台。子どもたちが遊んでいる。 手作りのワッフル。行列が出来ていて、並んだらなんと20分もかかった。美味しいのはいいけど、いっぺんに8つしか焼けないから、一人一個にして欲しい。 虎の人形を売っている。こんな出店は、他のお祭りでは見たことがない。 美味しいお菓子の店、「豆源」。店の中まで大混雑をしていた。出来たての揚げ餅がとても美味しいのである。 千鳥焼きとは、温かいどらやきのような感じ。1個120円。焼きたての皮がさくさくっとして、中にはあんこが。これまた美味しい。 横浜中華街の焼きそば?こういった特色のある出店がたくさんあるので、麻布十番祭りは出店を見るだけでも面白い。 大通り向かいの公園は、国際色豊かなバザーのオンパレード。国は分からないが、日本の祭りと外国の方のセンスがうまくマッチしている。 われわれの晩ご飯は、六本木MOTIのカレー。行列にはなっているが、すぐに買うことが出来た。 ナンとカレーで900円。値段は高いが、夏の祭りでカレーを食べられるのは非常によい。味もしっかりとしている。 ナンは焼きたて。このような大きな釜で焼かれてどんどん作られる。調理人の威勢がよい。 これは、アントニオ猪木氏と関係があるらしいお店。「名物」アントンビーフを売っている。