今年も恒例、益子へ。

真岡鉄道に乗って、下館から益子へ。 益子駅では、大きなオブジェが見える。関東の名駅100選に入っているらしい。 駅から、商店街の方に向けて歩いていく。途中、赤羽という饅頭屋がある。ここで、赤羽饅頭を満喫。
陶庫には、風情漂う品が並ぶ。芸術的な作品が多い。 陶庫のちょうど道向かいには、「もえぎ」がある。ここでもよく買う。明るい雰囲気がある。 さらに歩いていくと、石彫館がある。いろんなおもしろい彫り物がある。
ヤマニ。広い店内には、所狭しと品物が置いてある。 スリッパで上がるお店。奥では個展が開かれている。 とっても目立つタヌキの焼き物。これは信楽焼きからやってきたのだろうか。
お昼は JAMU LOUNGEという、自然食のお店に。ここは前回も来て、大変お気に入り。 玄米のご飯が大変美味しい。店内も一人辺りの席がゆったりとしているので、待つ場合もある。 途中で発見したわんちゃん。塀の上から顔を出して、通りがかる人を観察している。時々吠える。
道端に咲いていたきれいな花。 栗を買ってきた。栗ご飯にはもってこい。一番大きいサイズのものが、一袋300円。 変わり種。埴輪のお店も。
益子から宇都宮へバスで行く。目的はみんみんの餃子。バスで降りるのは、JR宇都宮から3つの宮島十文字がベスト。1150円。 水餃子には直接酢醤油、ラー油をかけて食べるのが美味い。結局、焼き5皿、水2皿、ご飯を二人で1膳。これで満腹。 今回の購入品。赤羽饅頭を持って帰ってきた。

2002.9.22