2003年。今年の夏は、京都と奈良へ。

 

まずは京都錦市場ではらごしらえを。 こちらはよしえの朝食。 お昼は同じお店「やお屋」で昼食。手が込んでいるが親しみやすい味。
錦市場のアーケード。ステンドグラスのようで日が照るととてもきれい。 八坂神社へ向かう。 なんだこれは!?「おときのこ」という音の素材を売る店。
途中で入ったおだんごの店。 清水寺に向けて駆ける妻。何見て走る? 清水の舞台から。こんな所から飛び降りたら大変。
晩ご飯はおばんざいのお店。とても美味しかった。 鯛の酒蒸しをほおばる妻。 花見小路の夜。明日は奈良。
 

  翌日から奈良へ。天気は最高に晴れ渡った。
 左は近鉄奈良駅前の行基菩薩像。

午前中は室生寺へ。駅に着くもバスが無く、一緒になったご夫婦とタクシーに相乗りして行く。 室生寺の奥の院への坂道。急な階段で登るのが本当に大変。 室生寺の五重塔の前で。
室生寺からの帰りはバス。よもぎ餅が売っていて、これがまた美味しい!バスの中で食べてしまいました。 その後電車を乗り継いで、飛鳥へ。もう時間が余り無くて急いで自転車を借りて出発。 亀石の前で。
聖徳太子が産まれたという橘寺の二面石。 とにかく暑い!石舞台近くの古代米のソフトクリームをどうしても食べたくなる。 うだる妻。暑い!
石舞台。どうしたらこんなものが出来たのか・・・? 飛鳥寺を出るときには、借りていた自転車が撤去されつつあった。。 ヨーグルトはまあまあいける。古代飛鳥のチーズも売っていたが、こちらは試食だけでパス。
橿原神宮の駅構内で、いちじくが売っていたので、一パック買ってみる。味はまあまあ。 宿はJR奈良駅近くの三井ガーデンホテル。非常に良かった。晩ご飯は、ちょっと歩いて、志津香(しずか)公園店まで、釜飯がとても美味しい。 翌日は、朝から興福寺へ。途中、猿沢の池近くに天平ホテルがある。このホテルは、小学校の時の修学旅行で泊まったホテル。
興福寺五重塔。天気が本当によい。 東大寺南大門近くの奈良漬け屋。「森の奈良漬け」ここは美味しいので訪れるたびに買っている。 ご存じ東大寺。やはりでかい。
大仏もやっぱりでかい!後ろの金色の大仏様も、自分たちより大きいのである。 奈良公園若草山には鹿がいっぱい。エサの時間にはおばちゃんに群がる。 お昼ご飯は奈良町の漬け物御前。当初予定していた所には入れなかったのであるが、涼しくて助かった。
元興寺の瓦。茶色っぽい物は、700年代に作られた物だという。すごい! 暑いのでかき氷も食べる。おいしかった。 帰りの電車の中。笹の葉寿司とあなご弁当を食べる。