面白い公園がある、と聞いて、実家岐阜の近くの養老天命反転地へ。養老公園の中に位置します。
車で行くのが一番便利。 夕方、鈍行で大垣から大阪へ。

反転地は広くて高い壁に囲まれた中にある。中には傾いた壁や家具などが点々と置かれている。自分の体の方が傾いてしまったような感覚を楽しむ。大きな日本地図が上下逆さまになっているのを発見したり、真っ暗な洞窟のような中を手探りで歩くのは非常に新鮮な気分。
坂やでっぱりが多いので、滑って転んだりしてケガしないように気をつけた方がよい。この公園は体感型の壮大な芸術作品である。
左は西美濃名物「柿ラガービール」。飲んではないけど養老公園の中で売られていた。

右は、大垣近くで見つけた床屋さんのマーク。
夕方大垣から大阪へ。東海道本線を乗り継いで6時には着いた。宿泊した大阪天満の駅すぐ近くのお好み焼きやさん「菊水」へ。噂通りとても美味しかった。20分程度待って入ることが出来た。五味焼きとイカ焼きを注文。部屋は4人づつくらいのセパレートタイプで落ち着いて食べることが出来た。
天満の商店街にて。
ひだりはキャベツ焼き1枚100円。立ち食いも持ち帰りも可。結構人気があるようで、入れ替わり立ち替わり人が買っていた。さすがにお好み焼きの後では断念。

右は「大金持ちバス」の自作バス停。こういうのが普通にあるのが流石大阪。
左は岐阜の大垣で買ってきた水ようかん。ぷるんとしていて美味しかった。暑い夏に食べたらもっと美味しいと思う。

右は翌朝、大阪日本橋駅近くのなんばグランド花月にて。一度は行ってみたい!

→ 翌日、高野山へ