今年は名古屋駅発のJR快速「みえ」を利用して行った。30分以上前からホームで待っていたら座ることが出来た。伊勢市駅までの途中、青春18切符を使ったが、第三セクターの伊勢鉄道を使うためひとりプラス490円かかる。JR伊勢市駅と近鉄伊勢市駅は構内でつながっている。伊勢市駅から降りて歩くこと約10分、まずは外宮(げくう)にお参りをする。
外宮の中には正宮の他いくつかの別宮がある。小高い山の上に多賀宮。右は風宮。ひとつづつお参りする。
外宮前から内宮方面のバスに乗って15分、おかげ横町へ。まずは小腹が空いていたので豚捨のコロッケを食べる。
お昼にはやはり伊勢うどん。普通の伊勢うどんと冷やし伊勢うどんを一皿づつ注文。普通のうどん方は美味しかったが、冷やしの方はのびてしまっていて今ひとつ。伊勢うどんはつゆが真っ黒、味が濃いがおいしい。
宇治橋を渡って内宮に向かう。杉の林の中を歩いていく。こんなにたくさんの太い杉の木がそのままになっているのは荘厳である。
最後の石段を登るとそこが皇大神宮。この地に天照大御神が祀られ始めたのは2000年の昔とのこと。茅葺きの屋根の神殿は1300年に渡って20年ごとに造り替えされている 参拝を終え参道に戻る。参道はあちらもこちらも伊勢うどんのオンパレード。
おかげ横町は親子連れでごった返していた。横町真ん中の櫓では和太鼓の演奏。
赤福本店は地震対策の工事中。向かいのお店の中でその場で食べることが出来た。一皿230円。出来たてはやはり美味しい。
伊勢市の駅には、虎屋ういろの本店がある。しかし商店街がものすごく寂しい…。あまりの寂しさにういろは買わずに隣の店で「ぱんじゅう」1コ50円を購入。要するにマンジュウだが美味しかった。
快速みえに乗って名古屋、そして東京へ。 名古屋の高島屋の地下で味噌カツが入った「まんぷく弁当」を買って新幹線で夕食。
最高級せんべいと思われる かめかめレンタル。伊勢市駅前にて。
伊勢戦国時代村。忍者がいそうだ。 ちょうどアテネオリンピックの季節。伊勢出身の野口みずき選手の応援ポスター。
2004.8.21