中央の商店街通りは人でごった返している。まっすぐ歩けないくらいである。本当にひとが多くなりました。 定番、豆源の塩おかき。揚げたてはいつもにましておいしい。お店の中も人でいっぱい。 こちらはカステラ白水堂の千鳥焼き。鉄板で焼いた皮が甘く、あんこいり焼きカステラ?という感覚。毎年買ってしまうくらい美味しい。
モンタボーのガーリックスティック。おいしそうなので買ってしまったが、冷めていてそれほどでもなかった。焼きたて!と言っていたのに、よしえは激怒。 ホンモノ!?のようだが、デストロイヤー自らTシャツを売る。 これも恒例、飛騨から運ばれてきた雪を使って滑り台。
このお祭りはほんとうに外国人が多い。五平餅とアンバランスに見える。 日も暮れ、お腹のふくれるものをと公園でガーナカレーを購入。 チキンカレーとナン。500円。カレーはあまり辛くなく、食べやすい。具がもっとあればよいのだが。
公園ではたくさんのドラムを使ったコンサートが繰り広げられている。ノリのよい外国人を交えて盛り上がる。 麻布十番は韓国料理屋が多い。よしえがどうしてもチヂミを食べたいということで、チヂミを求めてさまよう。「崔の店」という韓国料理屋にたどり着く。店員が音楽にのっている。 500円のチヂミ。辛さも程良く今年の麻布十番祭りで食べたものの中でもっとも気に入った。
 
以下はお祭りで見つけたもの。もちギョーザも意外とおいしそうだった。焼きまんじゅうって、群馬の名物だった?麻布十番名物「カクテルバー」。「プラシーボ アザブ」はマンションの名前。どうしてそんな名前をつけたんだろう?
チジミを買ったお店の黄色い貼り紙では、チジミなどに混じって「ヨン様 500円」の文字も!何かと思いきや、ヨン様バッジだった…。
2004.8.22